試して比較!おすすめコラーゲンサプリ口コミ比較ランキング

アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所

「変性コラーゲン」と「非変性コラーゲン」ってそれぞれ何が違うの?

投稿日:

コラーゲンには変性コラーゲンと非変性コラーゲンがあります。

それぞれのコラーゲンがどういったものなのかと違いを調べてみました。

変性コラーゲンとは

コラーゲンに熱を加えることでアミノ酸が分かれてバラバラになるコラーゲンを「変性コラーゲン」と言います。

変性コラーゲンは元々分子が大きく吸収されにくいコラーゲンが熱によって変化することで、吸収しやすくなるというメリットがあります。

しかし、変性コラーゲンは構造がバラバラとなるので体内で分解されてしまいます。

アミノ酸が分解された変性コラーゲンは身体に取り込んだときにコラーゲンとして認識されずに吸収されずに、コラーゲンとして役割をしないまま終わってしまうこともあります。

変性コラーゲンは体内でバラバラに分解されてしまうため、コラーゲンが持つ働きが上手く作用されずに外に出てしまいます。

食事から摂取できるコラーゲンは変性コラーゲン多いとされています。

非変性コラーゲンとは

非変性コラーゲンはアミノ酸が分解されず集合体として保たれています。

非変性コラーゲンは身体に摂り入れてもアミノ酸が残ったままなので、コラーゲンが持つ働きが上手く作用されて身体に良い働きを与えることができます。

非変性コラーゲンはサプリメントやドリンクに含まれていることが多いです。

非変性コラーゲンの中でも特に体内でコラーゲンの働きを高めてくれるのが「非変性㈼型コラーゲン」です。

鶏の胸部軟骨などを原料にして化学処理や熱加工を行わなず抽出されたコラーゲンで、よりコラーゲン効果を最大限に引き出せます。

変性コラーゲンと非変性コラーゲンの違い

変性コラーゲンと非変性コラーゲンは身体の中に摂り入れた時にアミノ酸が分解されてしまうのか、そのまま残るのかによる違いがあることが分かります。

コラーゲンの持つ効果を引き出すには、非変性コラーゲンを摂取するのが良いと言えます。

食事から摂取できる変性コラーゲンだけでは、体内でアミノ酸に分解され、やがて体外へ出てしまうので、変性コラーゲンをいくら摂取してもコラーゲンの働きを促すことはできません。

食事から摂取できる変性コラーゲンだけでは美容や健康に必要なコラーゲンの量を確保するのが難しいです。

一方、非変性コラーゲンは摂取してもアミノ酸が分解されずそのまま残ってくれるので、身体にとって必要なコラーゲンを効果的に補うことができます。

よって、コラーゲンには変性コラーゲンと非変性コラーゲンに分かれ、身体の中でコラーゲンの働きを促すには非変性コラーゲンが良く、その中でも非変性㈼型コラーゲンを使用しているサプリメントなどを選ぶことで、よりコラーゲンの働きを促進させ、効果がより実感できると言えます。

-コラーゲンの基礎知識

Copyright© アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.