試して比較!おすすめコラーゲンサプリ口コミ比較ランキング

アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所

コラーゲンと相性の悪い栄養素とは?美肌のために心がけたいコラーゲンの摂り方

投稿日:

コラーゲンは美肌に良い成分として知られていますが、コラーゲンと一緒に摂取するとその働きを阻害してしまう相性が悪い栄養素があるので注意が必要です。

そこで、コラーゲンと相性の悪い栄養素について調べてみました。

コラーゲンと糖質は相性が悪い

糖質はコラーゲンを変性させ劣化させてしまうので糖質とコラーゲンを一緒に摂取すると効果が半減してしまうと言われています。

コラーゲンと糖質が結びつくと糖化という現象が起こります。

糖分を過剰に摂取しているところにコラーゲンが入ると、コラーゲンが皮膚の原料として使えなくなります。

皮膚の材料として使えなくなるということは、美肌に良い働きを促せなくなります。

コラーゲンは皮膚の材料として使われることによって初めて肌に良い効果を引き出してくれます。

なので、糖化してしまったコラーゲンは老化物質となって身体にとって不必要なものとなってしまいます。

よって、糖質とコラーゲンは相性が良くないのです。

コラーゲンと糖質が糖化されることで出来てしまった廊下物質が体内に蓄積されてしまうと、肌の老化を促進させてしまいます。

美肌を作るコラーゲンと糖質は相性が合わないだけでなく、身体にも悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

コラーゲンの働きを最大限に引き出すには糖質と一緒に摂取しない方が良いのです。

炭水化物とコラーゲンは相性が良くない

炭水化物の摂り過ぎもコラーゲンの働きを弱めてしまいます。

炭水化物は身体に入ると糖質に変化するので、そこにコラーゲンが入ると糖化の可能性が高くなってしまい、老化物質を作り出してしまいます。

コラーゲンと炭水化物が合わさってできた老化物質はコラーゲンの働きを鈍らせ、上手くコラーゲンが作られないので炭水化物とコラーゲンの組み合わせも避けた方が良いのです。

コラーゲンと脂質は相性が良くない

脂質が多い食事とコラーゲンが合わさるとコラーゲンの合成を低下させてしまいます。

コラーゲンの合成ができなくなると、せっかくのコラーゲンが持っている美肌効果を台無しにしてしまいます。

脂質が多い食事も糖化を促しやすいです。

それだけではなく、善玉ホルモンのアディポネクチンを減らしてしまい、繊維芽細胞のコラーゲンの合成を阻害します。

コラーゲンと脂質はコラーゲンの合成ができなくなるので、せっかくコラーゲンを摂取しても美肌効果を引き出すことができなくなり、かえって身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

よって、糖質と脂質と炭水化物はコラーゲンの働きを半減させ、効果を下げてしまいます。

普段の食生活で糖質や脂質、炭水化物が多い場合は、美肌のためにコラーゲンを摂取しても、その働きを台無しにしてしまう可能性があることを知っておきます。

-コラーゲンの基礎知識

Copyright© アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.