試して比較!おすすめコラーゲンサプリ口コミ比較ランキング

アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所

サプリに頼らず「コラーゲンができやすい身体」をめざす!身体の中からコラーゲンを作る方法とポイントとは?

更新日:

コラーゲンを飲んだり、食べたりしてもそれが直接作用するわけではありません。

そこで大切なのが、コラーゲンを体内で作る方法を知ることです。

コラーゲンを体内で作ることができれば、コラーゲンが体内で上手く作用します。

身体の中からコラーゲンを作るポイントは「ビタミンC」

コラーゲンを合成するのに必要な栄養素がビタミンCです。

コラーゲンをいくら摂取していても、ビタミンCが不足している場合は、コラーゲンの素となるアミノ酸が十分に組み立てられるコラーゲンを上手く作ることができません。

一方、コラーゲンを摂取するのと同時にビタミンCを十分に摂取することは、コラーゲンを作る素となるアミノ酸がきちんと組み立てられてコラーゲンの合成が促進されます。

ビタミンCがコラーゲンを上手く作り出すことで、肌や血管の健康維持に役立ててくれます。

身体の中からコラーゲンを作るポイント2つ目は「アミノ酸」

ビタミンCがコラーゲンの合成に働きにかけてくれますが、アミノ酸も身体でコラーゲンを作るのに必要です。

食べ物に含まれているたんぱく質を摂取して体内に消化吸収された後、分解されることでアミノ酸になります。

そのアミノ酸を利用して、身体の中で再びたんぱく質の合成を行われます。

たんぱく質を摂取してアミノ酸になることで、新しいコラーゲンを作ったり、古いコラーゲンの分解を促してくれ、コラーゲンの生まれ変わりのサイクルを正常化に活発に働きかけてくれます。

身体の中からコラーゲンを作るポイント3つ目は「たんぱく質」

アミノ酸を利用してたんぱく質の合成を行うには、当然たんぱく質を摂取することが必要となります。

アミノ酸を作り出すにはたんぱく質が不可欠であり、コラーゲンの合成や生まれ変わりのサイクルをスムーズにすることにつながります。

なので、アミノ酸を作りだすたんぱく質があって新しいコラーゲンが作られ、働きを高めます。

身体の中からでコラーゲンを作るポイントを踏まえた上で重要なこと

コラーゲンを体内で作りだすのに必要なビタミンC、アミノ酸、たんぱく質を意識して摂り入れる習慣をつけることです。

それにプラスして、適度な運動を取り入れて代謝を上げることは体内の血液循環が良くします。

血液と一緒にコラーゲンを作るのに必要な栄養素を全身にすみずみまで行き渡ることができるので、より身体でコラーゲンが作られやすくなります。

また、睡眠をしっかり取ることも身体でコラーゲンを作りやすくする上で大切です。

特に夜22時から夜中2時の時間帯は皮膚の生まれ変わりが最も活発に行われると言われています。

この時間帯に就寝できる睡眠リズムを作り、身体を休めることでコラーゲン合成に良い働きをもたらしてくれます。

体内でコラーゲンを作りだす環境を作るには、コラーゲンと一緒にビタミンC、アミノ酸、たんぱく質を摂取し、適度な運動としっかりと睡眠を確保することで、体内でコラーゲンが合成しやすくすることが分かります。

-コラーゲンの基礎知識

Copyright© アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.