試して比較!おすすめコラーゲンサプリ口コミ比較ランキング

アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所

コラーゲンの「副作用」ってあるの?摂りすぎても大丈夫?

更新日:

コラーゲンは美容効果が期待できる成分なので、早くその効果を引き出すには多く摂取するのが良いのではと思いがちですが、コラーゲンを過剰に摂取することで副作用のリスクを高めてしまいます。

コラーゲンの過剰摂取による副作用についてまとめました。

コラーゲン過剰摂取による副作用1:「肝機能の低下」

コラーゲンを過剰摂取すると肝臓に負担をかけます。

肝臓は栄養素の分解や合成、有害物質を無害なものに変える解毒機能を持ちます。

コラーゲンが過剰摂取されることで分解や合成のサイクルが乱れてしまい、上手く働かなくなります。

コラーゲン過剰摂取による副作用2:「ニキビが増えてしまう」

コラーゲンを摂取する場合、食事から摂ることが多いです。

コラーゲンを多く含む食品は脂肪分を多く含んでいる傾向にあります。

コラーゲンを多く含む食品を多く摂ることは、脂肪分を多く摂り入れてしまうことにもなります。

脂肪分の摂り過ぎは皮脂の分泌を過剰にするので、ニキビを引き起こしてしまう原因につながります。

コラーゲン過剰摂取による副作用3:「セルライトができてしまう」

コラーゲンを含む食品は脂肪分が多いのでセルライトの元となる脂肪を作ってしまう原因にもなります。

脂肪細胞が老廃物を上手く排出されずに肥大化したのがセルライトです。

さらにセルライトはコラーゲン繊維がカプセル化してしまうことで悪化するので、コラーゲンが多く含まれている食品を過剰に摂取すると脂肪も過剰に摂取してしまうので老廃物を上手く排出されずにセルライトとして蓄積されてしまうのです。

コラーゲンの過剰摂取を防ぐには

コラーゲンの過剰摂取を防ぐポイントは、食事からコラーゲンを多く摂取しようとしないことです。

コラーゲンの多い食品は脂肪も多いので一度に多く摂取すると脂肪過多による身体の不調にもつながってしまい、副作用を引き起こしやすくします。

コラーゲンは過剰摂取しても全く意味がなく、副作用のリスクを高めるだけです。

そこで、コラーゲンの過剰摂取を防ぐのに役立つのがサプリメントです。

サプリメントは配合量が決まっているので1日の摂取量をきちんと守って毎日摂取すれば過剰摂取の心配はなくなります。

サプリメントは飲むだけで手軽にコラーゲンを摂取できるので続けやすいです。

沢山食べる必要もないので身体にとって負担のかからない、副作用のリスクも減らせます。

コラーゲンの過剰摂取は肝臓の働きに悪影響を与えたり、コラーゲンの多い食事は脂肪も多く含んでいるのでニキビセルライトができるといった肌にも悪影響を及ぼします。

そうした悪影響を抑えるためにはサプリメントで1日の摂取量を守ることで、副作用のリスクを減らせます。

-コラーゲンの基礎知識

Copyright© アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.