コラーゲンサプリを試して比較!オススメコラーゲン口コミ比較ランキング

アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所

「高分子コラーゲン」「低分子コラーゲン」「コラーゲンペプチド」の違い

更新日:

「高分子コラーゲン」「低分子コラーゲン」「コラーゲンペプチド」の違い

ウサ江夫人
コラーゲンで『低分子』?とかよく聞くじゃない?
あれって何なのかしら?
くまー
くまTeacher
ウサ江夫人
え?高分子っていうのもあるの?
んー。何が何だか私にはわからないわ…

私たちの体内で様々な働きをしてくれている成分の一つが「コラーゲン」です。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内の組織のいたるところに存在しており、その量は体重の約1/15をも占めると言われています。体重50kgの人なら約3kgも体内にコラーゲンがあるということで、普通に考えるとビックリしますよね。

私たち人間は約60兆個の細胞からできているのですが、コラーゲンはその細胞間にある細胞外マトリックスと呼ばれる部分に存在し、組織の形を作り活動を維持しているのです。言わば、コラーゲンは細胞同士をくっつける「接着剤」の役目を果たしていることになります。

コラーゲンは身体にとって重要な成分であるのは間違いないのですが、だからといってやみくもに摂取するのはいけません。なぜなら、コラーゲンは分子量によって効果に違いがあるからです。分子量とは、分子を構成する原子の量を言います。

今回は、コラーゲンの分子量による違いと特徴をご紹介したいと思います。

試した全部のコラーゲン集合写真【全部買って試しました!】
おすすめコラーゲン比較ランキングはこちら

高分子コラーゲン

すっぽん料理コラーゲンの中でも最も分子量が大きいコラーゲンのことを「高分子コラーゲン」といいます。食事から摂れるコラーゲンはすべてこの高分子コラーゲンで、最も自然な形でのコラーゲンであるといえます。

一般的には分子量が1万個よりも多いコラーゲンが高分子コラーゲンとされ、1万個より子も少ないコラーゲンが低分子コラーゲンとされています。

動物由来のコラーゲンの場合、分子量が約30万〜約40万、平均分子量が約30万個とされています。

塊の大きな高分子コラーゲンは、摂取されたのち、いったん体内でアミノ酸に分解され吸収されるのですが、分子量が大きいため代謝・吸収までに時間がかかることが特徴です。

高分子コラーゲンは、体内でアミノ酸に分解されてしまうことで、長年「コラーゲンを取っても直接体内のコラーゲン量が増えるわけではない」と言われる根拠となってきました。

しかし、「コラーゲン本来の原型を留めていること」「分解の際にバラバラのアミノ酸に分解されずに、高分子コラーゲンの組成を残したまま吸収される」「体内に長く留まる」という特徴から、免疫力の向上や、低分子コラーゲンとは違った形でのコラーゲン合成など、近年様々なメリットがあることが分かってきました。

吸収の早さという点では低分子コラーゲンに劣ってしまいますが、「食事からたっぷりとコラーゲン(高分子)を摂る」というのも心がけたいところですね。

ウサ江夫人
コラーゲンといえば、豚さんのイメージね。
だって、ほら、豚足とかあるじゃない?あれ、おいしいのよ
くまー
くまTeacher

低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)

コラーゲンはお肌に良いコラーゲンを酵素などで人工的に細かくした(ペプチド化)コラーゲンのことで、これらは低分子コラーゲンと呼ばれています。

低分子コラーゲンの平均分子量は数千〜十万ほどです。

分子量が小さいことから体内で吸収されやすく、体内でコラーゲンがアミノ酸に分解される速度よりも早く吸収されます。

ペプチド状態のコラーゲンは吸収が早く、体内の隅々の細胞まで届くことから効果も実感しやすいコラーゲンです。

現在、スキンケア用品で配合されているコラーゲンは低分子コラーゲンが主流です。肌の奥まで潤いを届け、コラーゲンを活性化し、減少しがちなコラーゲンも補うことができると言われています。

ただ、低分子に分解したコラーゲンは人工的に作られたコラーゲンのため、コラーゲンが本来もっていた免疫力向上などの働きが失われてしまう特徴があります。

ウサ江夫人
なんでも小さいと小回りがきいていいのね
くまー
くまTeacher
ウサ江夫人
あなたは大きすぎるのよ…

コラーゲンのペプチド化とは?

ペプチド化されたコラーゲンとは、豚や魚のコラーゲンを酵素により細かく分解して精製し、吸収しやすくしたものになります。これをペプチド化といいます。

上記でも説明した低分子コラーゲンと言われるものは、コラーゲンペプチドと同じ意味をもつものです。

もう少しわかりやすくいうと、「コラーゲンが腸内で分解された状態」を人工的に作りだしたものがコラーゲンペプチドとなります。

生のコラーゲンよりもさらに分子量が小さくなるため、より多くの量を摂取することができ、またカラダへの吸収性も高くなっています。

一昔前までコラーゲンペプチドの働きは、カラダのコラーゲン組織をつくる直接的な『材料』になるといわれていたのですが、近年は研究が進み、『コラーゲンペプチドが細胞に何らかのシグナルを送ることで、その細胞を活性化させているのではないか?』という考えが有力になってきています。

いまのところどのようにして活性化させているのかという具体的な仕組みやメカニズムは明らかになっていないのですが、線維芽細胞や軟骨細胞、骨芽細胞などにコラーゲンペプチドが命令を与えて、それにより細胞分裂や物質の産生が活性化されると考えられています。

コラーゲンペプチドはアミノ酸の結合数によって(ジペプチド、トリペプチド、オリゴペプチド)などの呼び名があるのですが、いくつかのアミノ酸が絡み合ったペプチド状態であれば、タンパク質として分解されるまでに時間がかかるので、その間に皮膚や骨、関節や毛髪、爪など、カラダの隅々の様々な組織に運ばれていきます。

コラーゲンペプチドは分子量が小さいことから吸収力・浸透力ともに高く、またアミノ酸がつながった特殊な状態からタンパク質分解されるまでの時間が長く、カラダのさまざまな場所に届き、スキンケア効果も絶大と言われています。

ただしその分、他のコラーゲンよりも高価でもありますが…

ウサ江夫人
コラーゲンとるならペプチドね。私もプルプルしたい〜💖

毎日の摂取におすすめなのはコラーゲンペプチド

もつ鍋やフカヒレに豚足。食事から摂れるコラーゲンの効果も見逃せないですが、やはり「美容効果」に着目するとコラーゲンペプチドのメリットは外せません。

最近の研究結果では、『コラーゲンペプチドを毎日5.0グラム以上を4週間継続摂取することで、肌の水分量が増加した』との結果もでているので、アンチエイジングのためにうるおいとハリのある肌を求めるなら、コラーゲンペプチドがベストです。

コラーゲンには様々な商品がありますが、サプリメントやドリンクなどそれぞれに特徴があるので、自分のお悩みに合わせて上手に選んでくださいね。

くまー
くまTeacher
ウサ江夫人
え?コラーゲンはペプチドで摂るのがお肌には一番いいって?
そうね、やっぱり吸収率よね。
わたしも明日から豚足やめてコラーゲンドリンクへ変えようかしら。

※当サイトでご紹介しているコラーゲンはすべてペプチド化されたコラーゲンです。

-コラーゲンの基礎知識

Copyright© アラサー女子のコラーゲンサプリ研究所 , 2018 All Rights Reserved.